本文へスキップ

     人がふれあい えがおいっぱいのまち 妻ケ丘

            

妻ケ丘地区の資料data

妻ケ丘地区の概要

妻ケ丘地区は、都城市の中心市街地の東部に位置し、国道222号線や県道33号線が通り、東は三股町に接しています。人口約2万人、世帯数9千戸を超える、市内有数のマンモス地区です。
戦前は、一部の住宅地を除き、閑散とした農村地帯でしたが、戦後の戦災復興事業による公営住宅の建設、さらに区画整理事業による道路網の整備に伴い、団地やアパート、マンション、一戸建住宅が建設されるなど宅地化が進み、急速に人口が増加しました。その後も大学誘致等により、人口が増加しています。沿線には、多くの商業施設が立ち並び、交通量も大変多くなっています。
施設面は、都城市消防局(消防本部及び南消防署)、都城警察署、都城年金事務所、宮崎県木材利用技術センター等の官公庁のほか、陸上競技場、野球場、武道館、体育館等が集まる都城市総合運動公園など、多くの公共施設が設置されています。
教育面では、県立高等学校2校、公立小中学校4校、児童センター1館、幼稚園2園、保育園4園があり、古くから「文教のまち」と呼ばれ、親しまれています。そのほか、地区公民館、教育集会所、地区体育館、児童公園、自治公民館16館が設置されるなど、生涯学習も盛んな地区です。
また、福祉関係の老人保健施設、在宅支援センター、デイサービスセンター、特別養護老人ホーム、病院等も数多くあることから、大変利便性に優れ、約90%の地区住民が「住みやすい」「まあ住みやすい」と感じています。※都城市が実施した市民意識調査による。


妻ケ丘地区の統計(2016/2/1現在) ※[ ]内の数値は前月比

面積
670.8ha
人口
20,156人[+13](男9,423人[+6]、女10,733人[+7])
世帯数
9,400戸[+8]
高齢化率
24.62%[+0.9] 
町別年齢階層別人口集計結果
2016/1月〜2月の統計
2013〜2015年の統計はこちら
地区内の町名
上東町(かみひがしちょう)
東町(ひがしまち)
天神町(てんじんちょう)
中原町(なかはらちょう)
妻ケ丘町(つまがおかちょう)
菖蒲原町(あやめばるちょう)
若葉町(わかばちょう)
花繰町(はなぐりちょう)
上長飯町(かみながえちょう)
一万城町(いちまんじょうちょう)
広原町(ひろはらちょう) 

妻ケ丘地区の施設MAP


より大きな地図で 妻ケ丘地区 を表示


access

妻ケ丘地区まちづくり協議会 事務局

〒885-0053
宮崎県都城市上東町17街区6号
(妻ケ丘地区公民館内)
[TEL] 0986-23-8592
[FAX] 0986-21-3039
[mail] t-matikyo@city.miyakonojo.
miyazaki.jp


LINK